尾道どこでも博物館 尾道携帯ナビシステムの概要

尾道商工会議所は竹村真一氏の提案で、尾道の観光案内として携帯電話を
使った、尾道の紹介するシステムを立ち上げます。

尾道市内の神社仏閣、観光名所などに「石のフクロウ」を置いて、
そのフクロウに書かれている番号を携帯電話に入力すると
たちどころに、その場所の名所案内から、隠れた秘話。地元しか知らないエピソード。
実際に観光客が立ち寄って肌で感じた感想などを見る事が出来、さらに「キモチ通貨」
と称した、投票によるその場所の人気度が測れるハートマークを置いてある。

びんご経済レポート2002年12月 1日号 尾道商工会議所110周年の記事
中国新聞2002年11月26日 記載の切り抜き

これまでの経緯はこちらへ