キャンドルナイト本番  100万人のキャンドルナイトとリンクしました
2003年6月22日
先週行われた実験を元に、さらに行灯と竹を斜めにカットしたろうそく台を大増産して当日を迎えた。

天気を心配していたが、梅雨の真っ最中でもあり、6時過ぎから雨脚が強まり、
7時前後に一時あがったものの、再び8時近くまで降り続いた。

神月流水弧文 しんげつりゅうすいこもん

これが艮(うしとら)神社の境内で尾道大学の学生達により造形され
稲田教授が命名をした。三日月を思わせる石段に置いた灯籠と、
流れる水を造形した波打った神社参道の行灯たち

たいへん残念なのは、夜のとばりがおりて再度撮影の予定が
強い雨脚で、針金と和紙で作った行灯の明かりが全部消えて、行灯の形が
崩れてしまい、いちばん良い時間に撮れなかった事です。


ビッグな画像はこちら(1024×768pixel)
このあと、雨脚が増して、降りしきる雨で火も消えて、行灯は形がどんどん崩れていく。

>>次へ