竹村先生を囲む鍋 素材は「牡蠣の土手鍋」

日時:2002年12月28日 夜8時

場所:いつもの 味の店「輝」

参加者: 

 
本日の食材は、いつもの野菜たちにキノコ、豆腐。牡蠣、アサリ。タラバガニそして試しとして、シジミを入れてみました。
シジミはあくまで出汁を取るための具材として考えてみました。
味噌に2合ほどの出汁を入れて、ひとまず火を入れて沸騰させ
次に、白菜の白いところを入れて再度沸騰を待ちます。そしてシジミ、アサリ、牡蠣のあと、ネギとエノキ。豆腐を入れ、最後にタラバを入れて蓋をし煮えるまで待ち、
食べる少し前、エノキを放り込んで、一斉に食べます。

お酒は 奈良県の 千代純米もろみ酒 一風変わったこの酒は、もろみの白いオリが
下の方に滞っているんですが、飲むとほのかに炭酸ガスが舌に当たります。
ヘタに振り回して明けるとたいへんな事になりそうで、
ふたの所に「振り回して開けると炭酸ガスで、フタが飛ぶので気を付けるよう」書いてある。
 
鍋のあと、居酒屋「暁」にて、「つらつらと」カクテルを飲む。
このカクテルは谷村新司が尾道へ来て、2曲作曲をしているが

その曲を見モチーフに 暁のマスターがカクテルに仕上げた。

こちらを参考にしてください

   

次の日、いよいよ携帯ナビシステムのデビュー