携帯観光ナビシステム「通称 尾道どこでも博物館」

2004年2月8日 軽井沢町訪問

長野県軽井沢町は人口18,000人
その軽井沢町の観光動員数は8,800,000人 夏場の人口は180,000人と 尾道にとってはうらやましい超人気リゾートですが
町会議員 遠山さんの話を聞いてみると、なかなかそれなりの苦労話であります。

軽井沢でも、携帯を使った観光ナビシステムは「ぜひとも町を挙げて取り組みたい」事だそうで、
皆さん熱心に、議論を交わした。

午後からはまず、尾道市内の観光をかねて実際に携帯電話を使って 実地での携帯観光案内を体験頂きました。

     
     
     
     
日がどっぷり暮れてから、尾道市内某所で 懇親会を兼ねた食事会を催した。
遠山議長さんの挨拶。
尾道からは市会議長の松谷さんと越智議員にご参加をお願い。お二人とも一も二もなくご参加を頂く。
2次会は 洋風居酒屋「暁」
日中は千光寺の坂道を上り下りされ、しっかり運動をされおかけで うち解けて皆さん お酒を酌み交わす。
カクテル「千光寺」「つらつらと」「しまなみ海道」など、尾道ならではのカクテルを傾ける。
遅れてご参加の尾道市観光文化課 岡田さん
「今日は」テレビ放送で**さんのガイドをやっていました。
 
せっかくなので、もう一軒。
改装して新しくなった「尾道通り商店街」にある 29ミューゼにご案内。大林宣彦監督の全作品コレクションが2階にできあがっていました。

大林宣彦監督作品のマニア垂涎のコレクション