おまつり尾道の宣伝でNHK生放送に出ました
2004年12月11日〜12日
放送の2時間前に集まってリハーサルと段取りを話し合う。
再び集合してくださいという指示で いったん解散。

夜のとばりが降りて、少し冷え込んでくる16時30分 再び集合して いよいよ本番前です。
 放送機材でライトアップされた仁王門が不思議な輝きを見せる。

 
いよいよ本番開始の17時30分が来ました。

まず、 七沸巡りの持光寺・天寧寺・千光寺・大山寺・西国寺・浄土寺・海龍寺の和尚さんたちが、並んで階段から登場するシーンで始まり、
尾道ケーブルテレビの新人美人アナの松岡さんが緊張の面持ちで、「おまつり尾道」の説明と、あらかじめ収録してある
七ヶ寺のビデオを見ながら、にぎり仏などの説明 そして年末年始の七沸巡りを説明する。

持光寺の松岡住職が説明した後、皆さん並んで いよいよ「何でもPRコーナー」
住職さんたち。商店街の皆さん。ライトアートを手伝う尾道大学学生美術展のスタッフ。
制服は尾道商業高校の生徒さんです おまつり尾道で販売実習「浜っ古物産店」を出店します
 

 

 

 


そして尾道テゴー座の方々は大正時代の衣装の宣伝。pfの山中さんは、「しまなみ繁盛展」の帆布パネルを持っています。
さらにライトアートの宣伝と続きます。

尾道観光協会の檀上さんは、裏に原稿を隠しているにもかかわらず、あせっています。
 (あとで聞くと、「時間が押してきたので早口でお願いします」と、スタッフから依頼があって慌てたそうです。)

佐々木さんは、原稿無し。しかし余裕でしゃべっています。

大正ロマンの服装は「林芙美子ですニッコリ!!」 当日貸し出し用もあり、気軽に着て町を歩く事が出来ます。と宣伝。

いよいよ番組終了一分前。

みんなで手を振りながら西国寺仁王門からの生中継が終わりました。

編集中ですがビデオ画像もキャプチャー予定です。

==>>次へ